OpManager ナレッジベース

RFC3584(SNMPv1,SNMPv2,SNMPv3の共存)に対するOpManagerの対応を確認したい


【現象/要望】
RFC3584(SNMPv1,SNMPv2,SNMPv3の共存)に対するOpManagerの対応を確認したい。

【原因】
【解決方法】
RFC3584では、例えばマネージャ側でエージェントが送信したSNMPv1トラップをSNMPv2トラップとして変換し(SMIv1フォーマットからSMIv2フォーマットへの自動変換)認識可能なproxyの項目がありますが、
OpManagerでは、そのproxyの機能は対応しておりません。

v1のトラップをOpManagerで受信しアラートを挙げる為には、v1トラップの定義をOpManagerのSNMPトラッププロセッサで設定登録する必要があります。

v1のMIBが無い場合にOpManagerでSNMPトラッププロセッサを設定する場合)
v1のトラップがSMIv1フォーマットでOpManagerに送信されている場合、OpManagerでは未設定のトラップとして登録されます。その未設定のトラップからSNMPトラッププロセッサにトラップを登録します。

未設定のトラップからSNMPトラップの登録が難しい場合、それでもOpManagerでSNMPトラップを監視したい場合には監視対象機器側でv1トラップではなくv2トラップを送信するように変更頂く必要があります。

※未設定SNMPトラッププロセッサ―の追加
(リリース12.2以降)

[アラート](画面左側)
-> [イベント]
-> [イベント]の下の漏斗型アイコンをクリック(添付ファイルをご参照ください)
-> [未設定のトラップ]
-> NetAppに関する当該の未設定のトラップについて[アクション]欄の[トラッププロセッサー作成]をクリック
-> 内容を確認し、必要な箇所を設定変更
-> [名前]を入力
-> [保存]
-> その後から収集した当該機器からのSNMPトラップについてアラートが発生するか確認

 

【対応リリース】 x.x以降

★-----------------------------------------------------------------------------★
OpManager 製品紹介ページはこちら ↓
https://www.manageengine.jp/products/OpManager/
★-----------------------------------------------------------------------------★