OpManager ナレッジベース

「このサイトは安全ではありません」のエラー画面が表示されてOpManagerにアクセスできない


【現象/要望】
「このサイトは安全ではありません」のエラー画面が表示されてOpManagerにアクセスできない

【原因】
以下の場合に表示されます。
・OpManagerのHTTPS通信を有効化している場合
かつ
・SSL証明書をOpManagerにインストールしていない場合(自己証明書を利用している場合)

【解決方法】
以下の手順のいずれかを実施します。

1. CA(認証局)が発行したSSL証明書をOpManagerにインストールする

以下のナレッジをご参照の上、SSL証明書をインストールしてください。
参考ナレッジ)
https://www.manageengine.jp/support/kb/OpManager/?p=3553

2. OpManagerサーバーをWebブラウザーの設定にて「例外」として追加する、またはWebブラウザーの設定を変更する

Microsoft Edgeの場合:

-----

Internet Explorerの場合:
1. 信頼済みサイトに追加
[ツール](歯車アイコン) -> [インターネットオプション] -> [セキュリティ]タブ
-> [信頼済みサイト]アイコンをクリック -> [サイト]ボタン -> [このWebサイトをゾーンに追加する]から
「https://OpManagerのサーバーのホスト」を追加します。

2. 詳細設定の変更
以下の項目に関して、チェックを外して無効にします。
[ツール](歯車アイコン) -> [インターネットオプション] -> [詳細設定]タブ より、
・ 「サイトの証明書失効を確認する」または「Check for server certificate revocation」
・ 「証明書のアドレスの不一致について警告する」または「Warn about certificate address mismatch」

Mozzila Firefoxの場合:

・「安全な接続ではありません」 -> 「エラー内容」 -> 「例外を追加」 -> 「セキュリティ例外を承認(C)」

Google Chromeの場合:

以下のURLをご参照ください。(外部サイトとなります。)
サイトの許可を変更する:
https://support.google.com/chrome/answer/114662?hl=ja&visit_id=1-636487297830275440-2397008937&rd=1

3. 「Webページへ移動」をクリックしてそのままOpManagerの管理画面にアクセス

各Webブラウザーに表示される「エラー内容」「詳細」等のリンクをクリックすると表示される「Webページへ移動」をクリックし、OpManagerにアクセス。
その後、RestAPIを実行してください。

【対応リリース】x.x

★-----------------------------------------------------------------------------★
OpManager 製品紹介ページはこちら ↓
https://www.manageengine.jp/products/OpManager/
★-----------------------------------------------------------------------------★