NetFlow Analyzer スタートアップガイド

トラフィック解析

フローデータを利用した帯域監視を 手軽に評価しませんか?

スタートアップガイド ~評価版の導入手順~

30日間無料の評価版を使用してNetFlow Analyzerを評価する

NetFlow Analyzer 評価版の導入プロセスNetFlow Analyzer 評価版の導入プロセス

NetFlowAnalyzerのフル機能を30日間無料でご評価頂けます。 評価にはNetFlowAnalyzerのインストールと、監視対象(フローデータを送付する筐体)が必要となります。 テスト用の筐体がない、設定を実機に追加できない場合などは、評価用のシミュレーター(以下、NetFlow Simulator)をご使用ください。実機からフローデータを送付する場合とほぼ同様のレポーティングが可能です。


1.事前準備・NetFlow Simulatorを使用した評価

構成イメージNetFlow Simulatorを使用した構成イメージ
NetFlow Analyzer 用のサーバーWindows または Linux
NetFlow Simulator用のサーバーWindows ※NetFlow Analyzer 用のWindowsサーバーに共存可能
ブラウザーInternet Explorer、Firefox、または Google Chrome

※NetFlow SimulatorはWindowsでのみ動作するため、NetFlowAnalyzerをLinuxにインストールした場合はNetFlow Simulator用のWindows環境が必要です。 ※動作環境の詳細は NetFlow Analyzerの動作環境を参照してください。

2.NetFlowAnalyzerとNetFlow Simulatorのダウンロード

NetFlow Analyzerの評価に必要なインストールファイルとNetFlow Simulatorをダウンロードします。

NetFlowAnalyzer
Windows/Linux版(日本語)
ダウンロードページからインストーラーをダウンロードします。
評価版ではNetFlow Analyzerの全ての機能を30日間利用可能です。
NetFlow Simulator ※Windows用ダウンロードページ「NetFlow Simulator (NetFlow Analyzer 評価用ツール) プログラム(zip)」をダウンロードします。

※NetFlow Simulator動作のため、JRE1.5以上が必要です。ユーザー様にて入手していただくか、NetFlow Analyzerをインストールしているサーバーでは、製品にバンドルされているJREを使用します。

3.NetFlowAnalyzerのインストール

NetFlow Analyzerをインストール、起動します。Windowsインストール手順Linuxインストール手順を参照してください。

インストールウィザード
インストールウィザードインストールウィザード
インストールウィザード

4.NetFlow Simulatorのインストール

NetFlow Simulatorの使用開始をご参照ください。 ※NetFlowAnalyzerがインストールされたいないWindowsにてNetFlow Simulatorを起動する場合は、JRE1.5以上を別途インストールする必要があります。

1.事前準備・実機を使用した評価

構成イメージ実機を使用した構成イメージ
NetFlow Analyzer 用のサーバーWindows または Linux
ブラウザーInternet Explorer、Firefox、または Google Chrome
監視対象フローデータ生成に対応したネットワーク機器

動作環境の詳細はNetFlow Analyzerの動作環境を参照してください。

2.NetFlowAnalyzerのダウンロード

インストーラーをダウンロードします。  

NetFlowAnalyzerダウンロード
Windows/Linux版(日本語)
ダウンロードページから評価版インストーラーをダウンロードします。
評価版ではNetFlow Analyzerの全ての機能を30日間利用可能です。

3.NetFlowAnalyzerのインストール

NetFlow Analyzerをインストール、起動します。Windowsインストール手順Linuxインストール手順を参照してください。

インストールウィザード
インストールウィザードインストールウィザード
インストールウィザード

4.フローデータ出力設定

筐体にフローデータを送付設定を投入します。筐体により必要な設定がことなるため、弊社のヘルプや、 ベンダーが提供するコマンドリファレンスを参照してください。

5.評価開始


NetFlow Analyzerにブラウザーでアクセスします。(デフォルトではサーバーのIP:8080) フローデータを受信すると自動的に装置とインターフェースを認識し、画面表示を開始します。 [トラフィック]タブについては、すぐにデータを表示します。 [アプリケーション]、[送信元]、[宛先]、[通信]および[QoS]の各タブのデータが表示されるまでには、10分間ほど掛かります。
高性能レポートエンジンアドオンのインストールはこちらをご参照ください。

評価開始に困ったら

NetFlow Analyzerの導入や構築・運用に役立つドキュメントが用意されています。
その他ドキュメントや、製品評価期間中の技術サポートについては、サポートページを参照してください。

スタートアップガイド 基本設定編NetFlow Analyzer、サーバー、筐体設定などの初期設定を説明しています。
ユーザーガイドユーザー向けのヘルプドキュメントです。
運用設計上の注意点システム要件、データメンテナンス、起動/停止手順、バックアップ/リカバリなど運用設計の際にご注意いただきたい点をまとめています。
動作環境対応OS、サイジング情報などを公開しています。
ナレッジベースNetFlowAnalyzerのナレッジベースです。
装置上で設定をしたが何も表示されない設定後、何も表示されない場合の確認項目です。
よくあるご質問ユーザーからよせられる頻度の高いお問い合わせへの回答を公開しています。

評価期間が終わったら

評価期間が終了すると、アプリケーションは自動的に無料版に移行します。ライセンスを適用することにより製品版として利用できます。また、評価期間中のデータの引き継ぎも可能です。
継続してのご利用をご希望の場合は、サポートよりお問い合わせください。