ADAudit Plus ナレッジベース

ライセンス適用に失敗する


本ナレッジでは、ライセンス適用手順を適切に実施しているにも関わらず、ライセンス適用に失敗する事象の概要と対応方法についてご説明します。

※ライセンスの適用手順はこちらのナレッジをご参照ください。

事象の概要

当社から送付したライセンスファイル(xml形式)を選択し、[ライセンスのアップグレード]をクリック後、「適切なライセンスファイルを入力してください」というエラー画面が表示されます。

対応方法

<ADAudit Plus_インストールフォルダー>\lib\agentフォルダー下に、以下2つのjarファイルが存在していないか、ご確認ください。

  • <ADAudit Plus_インストールフォルダー>\lib\agent\commons-fileupload-1.3.1.jar
  • <ADAudit Plus_インストールフォルダー>\lib\agent\commons-fileupload-1.4.jar

※<ADAudit Plus_インストールフォルダー> のデフォルトパスは「C:\Program Files (x86)\ManageEngine\ADAudit Plus」です。

上記2つのjarファイルがいずれも存在している場合

  1. [services.msc]より、ADAudit Plusのサービスを停止します。
  2. 以下ファイルをADAudit Plusインストールフォルダー外に移動します。
    <ADAudit Plus_インストールフォルダー>\lib\agent\commons-fileupload-1.3.1.jar
  3. [services.msc]より、ADAudit Plusのサービスを開始します。
  4. ライセンスファイルを適用します。

上記2つのjarファイルの内、一方のみ存在する場合

以下の情報を合わせて、ManageEngine Community よりお問い合わせください。

  • 適用したライセンスファイル
  • エラー画面のスクリーンショット

 

以上です。