ADAudit Plus ナレッジベース

【トラブルシューティング】データベースのみ起動する手順


本手順はトラブルシューティングの手順となります。postgres.exeをタスクマネージャーより強制終了させた後に実行していただく手順となります。

 データベースのみ起動する手順

1. java.exe、postgres.exe、wrapper.exeが起動していないことをタスクマネージャーにて確認します

2. コマンドプロンプト(管理者)を起動します

3. 起動したコマンドプロンプト(管理者)にて、<ADAP>\bin フォルダへ移動します

4. 移動後、startDB.batを入力し、Enterを押下します

5. <ADAP>\pgsql\data\pg_logフォルダにあるpgsql_Fri.log をテキストエディタで開きます

6. 以下のようなメッセージが表示されることを確認後、コマンドプロンプトよりstopDB.batを実行します

※以下のログが表示されない場合は、pgsql_Fri.logを再度開きログ情報が更新されるのをお待ちください

2018-xx-xx 08:40:41 GMT: : @: [14128]:LOG: redo done at 1/D60ADAE8
※注意:「1/D60ADAE8」の部分は環境により異なります

7. タスクマネージャーにてpostgres.exeが起動していないことを確認後、Windowsサービスより「ManageEngine ADAudit Plus」サービスを開始します。

以上です。