ADAudit Plus ナレッジベース

javaメモリのチューニング方法


Javaメモリの使用率が高くなると、パフォーマンスが低下し読み込み動作が遅くなることがあります。その場合は、以下の手順から、チューニングを行っていただくことにより、改善される可能性があります。

 

※サービスとして起動する場合

1. "<ADAP_Home>\conf"フォルダに移動します。
2. メモ帳以外のテキストエディタから、"wrapper.conf"ファイルを開きます。
※編集前にファイルのバックアップを別途保存してください。
3. 以下のようにパラメーターを編集します。

 変更前

# Initial Java Heap Size (in MB)
wrapper.java.initmemory=50

# Maximum Java Heap Size (in MB)
wrapper.java.maxmemory=512

 変更後

# Initial Java Heap Size (in MB)
wrapper.java.initmemory=512

# Maximum Java Heap Size (in MB)
wrapper.java.maxmemory=2048

5. ファイルを保存します。
6. ADAudit Plus を再起動します。

 

※アプリケーションとして起動する場合

1. "<ADAP_Home>\bin"フォルダに移動します。
2. メモ帳以外のテキストエディタから、"run.bat"ファイルを開きます。
※編集前にファイルのバックアップを別途保存してください。
3. 以下のようにパラメーターを編集します。

 変更前

set JAVA_OPTS=-Xmx512m -Dcatalina.home="%SERVER_HOME%" -Dserver.home="%SERVER_HOME%" -Dlog.dir="%SERVER_HOME%" -Ddb.home="%DB_HOME%" -Djava.library.path="%SERVER_HOME%\lib\native" -Dserver.stats=10000 -Dfile.encoding="utf8" -Djava.util.logging.manager="org.apache.juli.ClassLoaderLogManager" -Djava.util.logging.config.file="%SERVER_HOME%/conf/logging.properties" -Dserver.stats=10000 -Dcheck.tomcatport="true" -Dhaltjvm.on.dbcrash="true" -Duser.home="%SERVER_HOME%\logs" -Dorg.apache.catalina.SESSION_COOKIE_NAME=JSESSIONIDADAP -Dhttps.protocols=TLSv1

 変更後

set JAVA_OPTS=-Xmx2048m -Dcatalina.home="%SERVER_HOME%" -Dserver.home="%SERVER_HOME%" -Dlog.dir="%SERVER_HOME%" -Ddb.home="%DB_HOME%" -Djava.library.path="%SERVER_HOME%\lib\native" -Dserver.stats=10000 -Dfile.encoding="utf8" -Djava.util.logging.manager="org.apache.juli.ClassLoaderLogManager" -Djava.util.logging.config.file="%SERVER_HOME%/conf/logging.properties" -Dserver.stats=10000 -Dcheck.tomcatport="true" -Dhaltjvm.on.dbcrash="true" -Duser.home="%SERVER_HOME%\logs" -Dorg.apache.catalina.SESSION_COOKIE_NAME=JSESSIONIDADAP -Dhttps.protocols=TLSv1

5. ファイルを保存します。
6. ADAudit Plus を再起動します。

・32bit環境では1500(MB)以上のメモリ割り当ては推奨しておりません。
・「2048」を設定してもADAudit Plusの応答速度が改善されない場合は、「4096」を試してください。