Desktop Central オンプレミス版 ナレッジベース

ソフトウェア配布機能の使用方法


この記事では、Desktop Centralのソフトウェア配布機能を使用して、ソフトウェア配布を対象のコンピューターに一括配布(インストール)またはアンインストールする方法について説明しています。

ソフトウェア配布機能

ソフトウェア配布を実行する手順は、以下の通りとなります。各項目をクリックすると、詳細を表示します。
 
1. ソフトウェア配布の準備 > 2. パッケージの作成 > 3. ソフトウェアの配布 (またはセルフサービスポータルでの公開)
 

ソフトウェア以外のファイルをWindows管理対象に配布する場合は、構成 > ファイル/フォルダー操作機能をご利用ください(Windowsのみ対応)。
Windows / Mac / Xwindow環境のあるLinuxに対してはリモート制御機能、Windows / Mac / Linux管理対象に対して任意のスクリプトを実行可能なカスタムスクリプト機能もございます。


ソフトウェア配布(セルフサービスポータルでの配布を含む)に失敗する場合は、こちらのナレッジをご覧ください。


1. ソフトウェア配布の準備

ソフトウェアリポジトリの設定方法/変更方法をご覧いただき、ネットワーク共有リポジトリとHTTPリポジトリの設定を行ないます。
 


2. パッケージの作成

Desktop Centralを用いてソフトウェア配布を行うためには、まず「パッケージ」を作成する必要があります。
パッケージを作成するには、配布するソフトウェアに応じて(A) デフォルトのテンプレートから選択するか、もしくは(B) 実行ファイルをアップロードしてパッケージを手動で作成する必要があります。詳細は以下をご覧ください。

Windows / Mac

  • 「パッケージ」は「実行ファイル(.exeや.msiなど)」と各ベンダーが定めた「サイレントスイッチ(サイレント引数)」から構成されます。必要に応じて、インストール/アンインストール前後にスクリプトを実行させる等の動作をパッケージに組み込むことも可能です。
  • サイレントスイッチが定められていない.exe形式のソフトウェアをユーザーに意識させずにインストールさせるためには、別途スクリプトを作成し、パッケージに組み込んでいただく必要があります。ソフトウェア配布機能が対応する実行ファイルの形式についてはこちらをご覧ください。
  • テンプレートに用意されているソフトウェアは、テンプレートを選択するだけでパッケージを簡単に作成できます。
  • テンプレートには存在していない、代表的なソフトウェアのインストール方法については以下のページをご覧ください。
  • パッケージの作成が難しい場合は、管理端末を遠隔操作するリモート制御機能も合わせてご検討ください。

Linux (Debian / Ubuntu)

  • Linuxのソフトウェア配布機能に対応しているディストリビューションはUbuntu/Debianのみとなります。
  • テンプレート一覧に掲載されているソフトウェアの配布にのみ対応しています。パッケージを手動で作成することはできません。
  • Linuxのソフトウェア配布は、アーキテクチャがWindows/Mac向けとは異なり、「今すぐ配布」を実行した場合でも即時完了しません。詳細についてはLinuxへのソフトウェア配布をご覧ください。
  • テンプレートに存在しない場合は、管理対象Linuxに対してスクリプトを一括して実行するカスタムスクリプト機能(作成中)も合わせてご覧ください。
(A) デフォルトのテンプレートから選択する

テンプレートの内容については、パッケージのテンプレート一覧(ソフトウェア配布) ページをご覧ください。

  1. ソフトウェア配布 タブ > パッケージの作成 > テンプレート を開きます。
  2. フィルター条件で OS のプルダウンから Windows/Mac/Ubuntu/Debian を選択します。
  3. 画面右上検索アイコンをクリックし、アプリケーション欄にキーワードを入力してエンターキーを押します。
  4. 必要なソフトウェアにチェックを入れ、「パッケージを作成する」をクリックします。
  5. 確認画面では「パッケージを作成する」をクリックします。
  6. パッケージの作成後、パッケージを表示します。作成完了画面で「パッケージを表示」をクリックするか、ソフトウェア配布 > パッケージの作成 > パッケージ ページにて作成したパッケージを確認可能です。
(B) 実行ファイルをアップロードしてパッケージを手動で作成する
  1. ソフトウェア配布タブ > パッケージの作成 > パッケージの追加 > Windows または Mac をクリックします。
  2. 各項目を入力/選択します。
    • パッケージ名: 分かりやすい任意の名称
    • パッケージの種類: 形式を選択
    • ライセンスの種類: 商用/非商用を選択
    • リポジトリの選択: 「共有フォルダー」または 実行ファイルをアップロードする「HTTPリポジトリ」を選択
  3. HTTP リポジトリを選択した場合、ソフトウェアのバイナリファイルをアップロードします。(最大7GB)
  4. インストールまたはアンインストール、詳細設定について指定します。
  5. インストールを選択した場合は実行ファイル名と、サイレントインストール/アンインストールオプションを指定します。(例:/S /SILENT など)
  6. 必要に応じて、配布前の動作/配布後の動作を設定します。

 

3. ソフトウェアの配布(またはセルフサービスポータルでの公開)
  1. ソフトウェア配布タブ > 配布 > ソフトウェアのインストール/アンインストール から、インストール対象の種類を選択します。
  2. パッケージ設定では先ほど作成したパッケージを選択し、操作の種類が「インストール」であることを確認します。
  3. 配布設定にて配布ポリシーを選択します。
  4. 配布/適用対象の設定にて、配布対象を選択します。その他、適宜設定します。
  5. 「配布」または「今すぐ配布」を選択します。
インストールを許可するソフトウェア一覧を「ソフトウェアカタログ」として公開し、ユーザーに必要なソフトウェアのみインストールを実行させる「セルフサービスポータル」機能も利用できます。セルフサービスポータルでの公開の手順は、こちらをご覧ください。

 


対応するソフトウェア実行ファイルの形式
 .exeファイル
実行ファイルへの完全なパスと、アプリケーション固有のサイレントスイッチを指定します。

(例) \\share\IE8\IE8-WindowsServer2003-x86-ENU.exe /quiet /passive /update-no /norestart

 

 .msiファイル
実行ファイルへの完全なパスを入力します(サイレントスイッチを指定する必要はありません)。

(例) \\share\skype\skype.msi

 

 .mspファイル(Windowsインストーラーパッチファイル)
mspファイルが引数として指定するmixexecファイルへのパスと、mspファイルのパス、サイレントスイッチを指定します。

(例) %windir%\system32\msiexec.exe /update "\\share\xyz.msp" /qn

 

.issファイル(応答ファイル)
InstallShieldを使用して作成されたexeファイルは、issファイル(応答ファイル)を作成することでサイレントインストールが可能になります。

(例) \\share-server\Software\winvnc\Setup.exe /s /f1 "\\share-server\software\Winvnc\silentinstall.iss"

issファイル(応答ファイル)の作成方法
InstallShieldを使用して作成されたexeファイルは、.issファイル(応答ファイル)を作成することでサイレントインストールが可能です。1台のコンピューターで手順を応答ファイルに記録します。

  1. コマンドプロンプトを開き、ソフトウェア実行ファイル(例:setup.exe)のあるフォルダーに移動します。
  2. rオプションおよびf1"<filename>"オプションをつけてsetup.exeを実行します(/f1とダブルクォーテーションの間にスペースは入れません)。インストールファイル名には任意のファイル名を指定します。続けて、そのソフトウェアに必要な操作を実行し、インストールを完了させます。

    setup.exe /r /f1"<インストールファイル名>"

  3. インストールが完了したら、ソフトウェア実行ファイルのあるフォルダーに.issファイル(応答ファイル)が作成されていることを確認します。
.cmdや.batなどのバッチファイル
実行ファイルへの完全なパスを入力します。

(例) \\share\scripts\installitunes.bat

 

.vbs/.vb/.js/.jse/.vbe/.vbs/.wsf/.wsc/.wsh(VbScriptスクリプト)
スクリプトを引数として、vbscriptエンジンへのパスを指定します。

(例) %windir%\system32\cscript.exe "checkIE8Installed.vbs"

 

Windowsのパッチファイル
Windows Update スタンドアロンインストーラー(%windir%\System32\wusa.exe)と、引数として.msuファイル、サイレントインストールに必要な引数を指定します。

(例) wusa.exe "\\server\share\Windows6.0-KB934307-x86.msu" /quiet /norestart

 

.dll/.ocxファイル
regsvr32.exeと、.dllおよび.ocxファイルを指定します。

(例) regsvr32 /u /s msbind.dll
(例) regsvr32 /u /s mswinsck.ocx

 

.au3(AutoItスクリプト)
.au3は、AutoIt3を使用して作成したスクリプトです。AutoIt実行ファイルと、引数として作成したスクリプトを指定します。AutoItを使用したソフトウェアインストール自動化については、下記のポイントをご覧ください。

(例) AutoIt3A.exe ""

Auto Itを使用したソフトウェアインストールの自動化
AutoItは、Windowsの操作自動化ツールです(AutoIt公式ページ)。
Desktop Centralはサイレントインストールに対応したソフトウェアの配布が可能ですが、サイレントインストールに非対応のソフトウェアの配布の場合は、AutoItスクリプトを使用してインストール可能な場合があります。