OpManager ナレッジベース

ディスカバリー時の「NCMに追加」「IPAMに追加」をデフォルトで無効化したい


現象/要望

装置をディスカバリーした際に、NCMやIPAMにも装置が自動で追加されてしまう機能を無効にしたい

原因

OpManagerに装置を登録する際、以下のオプションにも同時に装置を登録できる機能となります。

  • NCM(コンフィグ管理オプション)
  • IPAM(アドレス管理&スイッチポートマッパーオプション)

しかし、上記オプションを購入されていない場合に
こちらを「有効化」したままディスカバリーをすると、ライセンスが消費され、ライセンスアクティベーション画面が表示されることがあります。
詳細はこちらをご参照ください。

解決方法

以下の方法で無効化します。

手順

ビルド12.3.283以降

1. [設定]->[ディスカバリー]->[ディスカバリ設定](Discovery Settings)に移動します。
2. 「NCMに追加」または[IPAMに追加]を「無効」に設定します。

 

 

ビルド12.3.231以前

1. [設定]タブ(左下歯車)-> [基本設定] -> [システム設定] -> [ディスカバリー]に移動します。
2. 「NCMに追加」または[IPAMに追加]を「無効」に設定します。

【対応リリース】 12.3

★-----------------------------------------------------------------------------★
OpManager 製品紹介ページはこちら ↓
https://www.manageengine.jp/products/OpManager/
★-----------------------------------------------------------------------------★