Password Manager Pro ナレッジベース

起動できない問題の回避策


本ナレッジでは、Password Manager Proのサービスが開始できない場合の回避策について解説しています。以下の方法で回避できない場合は、サポート窓口までご連絡ください。

1. 暗号化鍵に関するエラーが発生している場合の対処方法
2. JVM ヒープサイズエラーが発生している場合の対処方法
3. recフォルダに容量の大きい動画が残っていて起動できない場合の対処方法
4. PostgreSQLのredo処理により起動できない場合の対処方法
5. SSL証明書のKeystoreの設定が異なり起動できない場合の対処方法
6. Password Manager ProサーバーのHDD容量が確保できない場合の対処方法

1. 暗号化鍵に関するエラーが発生している場合の対処方法

<手順>

(1)<PMP>\confフォルダーに移動し、manage_key.confをメモ帳以外のテキストエディタで開く

manage_key.confには、暗号化鍵(pmp_key.key)の保存先を記載します。また、暗号化鍵の場所は、初回は<PMP>\confフォルダー配下に存在しますが、セキュリティ強化のため<PMP>フォルダー以外に設定頂く必要があります。

(2)manage_key.confに記載された場所に暗号化鍵が存在することを確認

(3)暗号化鍵が存在しない場合には、manage_key.confに記載した場所に暗号化鍵を移動

(4)PMPサービスを起動

2. JVM ヒープサイズエラーが発生している場合の対処方法

JVM がヒープメモリ不足により「javaのOutOfMemoryError」エラーがserverout.txtへ出力された場合は、
以下の手順を行ないJVMのサイズ変更を行なってください。

<手順>

(1)PMPサービス・関連するプロセスが停止していることを確認
※PMPに関連するプロセスである、postgres.exe, pmp.exe,
java.exe, wrapper.exeが、タスクマネージャーより起動していないことを確認

(2)<PMP>\confフォルダーに移動し、wrapper.confを
メモ帳以外のエディタで開き、以下変更して保存

(変更前) wrapper.java.initmemory=50
(変更後) wrapper.java.initmemory=256

(変更前) wrapper.java.maxmemory=256
(変更後) wrapper.java.maxmemory=1024

(3)<PMP_HOME>\logフォルダーをlog_oldにリネーム
(4)PMPサービスを起動

3. recフォルダに容量の大きい動画が残っていて起動できない場合の対処方法

こちらのナレッジをご参照ください。

4. PostgreSQLのredo処理により起動できない場合の対処方法

<手順>

(1)タスクマネージャーを起動し、[詳細]タブより postgres.exe が起動していないことを確認
起動していた場合は、[タスクの終了]よりプロセスを停止
※すべてのユーザーを表示させていること

(2)エクスプローラーにて、<PMP>\bin フォルダへ移動し、
.lock および lockfile ファイルが存在していないことを確認
存在している場合は、他のフォルダ(C:\tmp等)へ移動

(3)エクスプローラーにて、<PMP>\pgsql\data フォルダへ移動し、
recovery.conf ファイルが存在していないことを確認
存在している場合は、他のフォルダ(C:\tmp等)へ移動

また、これらの処理をサービス起動時に自動的に行なうバッチファイルを用意しています。 以下の手順に従い設定してください。(WindowsOS向けのみ)

利用しているビルド番号が8702以降の場合

1.こちらよりバッチファイルをダウンロード後、解凍
2.解凍後、<PMP>\binフォルダの同一ファイル名の「preStartComm.bat」と置き換え
3.PMPのサービスを再起動

利用しているビルド番号が8402〜8603の場合

1.こちらよりバッチファイルをダウンロード後、解凍
2.解凍後、<PMP>\binフォルダへコピー
3.<PMP>\binフォルダ内の「setCommonEnv.bat」をメモ帳以外のテキストエディタで開き、以下のように編集

編集前
@echo off
set SERVER_HOME=%~dp0%\..
call "%SERVER_HOME%\bin\jreCorrector.bat"
call ..\scripts\setCommonEnv.bat

編集後
@echo off
set SERVER_HOME=%~dp0%\..
call "%SERVER_HOME%\bin\jreCorrector.bat"
call "%SERVER_HOME%\bin\preDeleteUnwanted.bat" <-追記
call ..\scripts\setCommonEnv.bat

4.PMPのサービスを再起動

5. SSL証明書のKeystoreの種類の設定が異なり起動できない場合の対処方法

ビルド9601からPMPサービス再起動時にKeystoreの値が正しいことを確認する処理が追加されました。wrapper.logにてKeystoreに関連するエラーが出力された場合、以下の手順を確認ください。

<手順>

1.<PMP_HOME>\conf\server.xmlに設定した値が正しいか確認
こちらのナレッジの「手順2:PMP側の設定」を参考に、キーストア名/パスワード/キーストア種類の設定を確認
2.<PMP_HOME>\conf\wrapper.confに設定した値が正しいか確認
こちらのナレッジを参考に、キーストア名/パスワード/キーストア種類の設定を確認
3.PMPのサービスを再起動

6. Password Manager ProサーバーのHDD容量が確保できない場合の対処方法

Password Manager ProサーバーのHDD容量が不足している場合には起動に失敗します。詳細につきましてはこちらのナレッジをご参照ください。

 

以上