EventLog Analyzer ナレッジベース

Linux版において、CSV レポートが文字化けする


【現象】
EventLog Analyzer を Linuxにインストールしている場合、
CSVレポートを作成すると日本語が文字化けいたします。

【回避策】
以下の手順をご参照ください。

* <ELA_HOME>は、EventLog Analyzer のインストールディレクトリです。

1. "install_lang.txt"ファイルの編集

<ELA_HOME>/server/default/conf ディレクトリ内の"install_lang.txt"
をvi等で以下のように編集してください。

language=en
country=US

language=ja
country=JP

2. プロパティファイルの編集

以下のディレクトリ内に保存されている"MessageResources_ja.properties"を vi等で開きます。

--------------------------------------------------------------------------------------

ビルド9000以前の場合:

<ELA_HOME>/applications/extracted/EventLogAnalyzer.eear/
EventLogAnalyzer.ear/EventLogAnalyzer.war/WEB-INF/classes

ビルド9000以降の場合:

<ELA_HOME>/lib/resources

--------------------------------------------------------------------------------------

以下の行を変更してください。

csv.encoding=MS932

csv.encoding=UTF-8

3. EventLog Analyzer サービスの再起動

再起動後、Webコンソール画面にてCSVファイルへのエクスポートを実施し事象が改善されているかをご確認ください。

 
[注釈]
上記手順実施後は、エクスポートしたCSVファイルの文字エンコードがUTF-8になります。MS Excelでは、文字エンコードがMS932(Shift_JIS)以外の場合文字化けが発生するため、MS Excelで読み込む際にはCSVファイルをローカルへ保存後、テキストエディタ等でShift_JISへ変換した後に、Excelで読み込んでいただくと正常に表示されます。