EventLog Analyzer ナレッジベース

EventLog Analyzerのアプリケーションログについて


EventLog Analyzerが出力するアプリケーションログは、"<ELA_Home>¥logs"に保存されます。以下に、EventLog Analyzerが出力するアプリケーションログの、作成タイミングと出力頻度について記載いたします。

※ELAが出力するログファイルは、問題発生時の解析用途として使用しており、ログ内容の詳細やメッセージの解説は、非公開とさせていただいております。

ログファイル名 ログ種別 作成のタイミング 出力頻度
access_log.txt アクセスログ ウェブアクセス ファイルはローテートされず同じファイルに出力
(ファイルのサイズ制限の設定なし)
catalina_yyyy-mm-dd.log Webサーバーログ jsp/tomcatへのエラー 日ごとにローテートを行う
eventlog.out アプリケーションログ SysEvtColによるイベントログの収集 1ファイルにつき40MBまで記録
pglog.log データベースログ データベースのコンソールログ ファイルはローテートされず同じファイルに出力
(ファイルのサイズ制限の設定なし)
serverout_yyyy-mm-dd.txt アプリケーションログ javaログ 日ごとにローテートを行う
sysenvout_yyyy-mm-dd.txt アプリケーションログ jvmログ 日ごとにローテートを行う
sysEvtStatus.out データベースログ SysEvtColによるイベントログの収集 ファイルはローテートされず同じファイルに出力
(ファイルのサイズ制限の設定なし)
sysLogs.out アプリケーションログ SysEvtColによるイベントログの収集 1ファイルにつき10MBまで記録
(最大10世代まで保持)
threaddump_yyyy-mm-dd.txt アプリケーションログ javaプログラムの実行 日ごとにローテートを行う
updatemgrlog.txt アプリケーションログ ppmファイルによりELAのアップデートを実施 アップデートの実行都度記録
upload.txt アプリケーションログ TrendUploader.exeの実行 ファイルはローテートされず同じファイルに出力
(ファイルのサイズ制限の設定なし)
winLogs.out アプリケーションログ SysEvtColによるイベントログの収集 1ファイルにつき10MBまで記録
(最大10世代まで保持)
wrapper.log アプリケーションログ サービスの開始/停止 ファイルはローテートされず同じファイルに出力
(ファイルのサイズ制限の設定なし)

また以下のログファイルにつきましては保存する世代数の変更が可能となっております。
・serverout_yyyy-mm-dd.txt
・sysenvout_yyyy-mm-dd.txt
・threaddump_yyyy-mm-dd.txt
・catalina_yyyy-mm-dd.log

 

変更方法の詳細については以下のナレッジベースをご参照ください。
https://www.manageengine.jp/support/kb/EventLog_Analyzer/?p=1301