Firewall Analyzer ナレッジベース

ビルド12.3xxx用 統合修正パッチ適用手順


2019年5月29日にビルド123318へアップグレードするパッチを保守サポートサービス加入者様宛に提供しています。

※本手順はバージョン12.3(ビルド12300 または 123XXX)が対象となります。

使用しているビルド番号の確認方法は以下をご参照ください。
Firewall Analyzer12 新ユーザーインターフェース(バージョン12より公開された新クライアント)
1. Firewall AnalyzerのWebクライアントにログイン
2. 画面上部にあるシルエットアイコンをクリック
3. [製品]タブにあります製品情報内の「ビルド番号」にビルド番号が表示されます

------------------------------------------------------

実施手順

  1. ※修正パッチの入手方法
  2. バックアップの取得
  3. 統合修正パッチの適用
  4. 追加機能/不具合修正一覧

[1]※修正パッチの入手方法

保守ご契約者(保守サービスユーザー)様に保守メールでご連絡しております
保守サービスユーザー向け サービスパックダウンロード認証画面」よりダウンロードしていただけます。
アクセス方法は、2019年5月29日にお送りしております保守メール内の「【2】ダウンロード方法」をご参照ください。

[2] バックアップの取得

※本手順を行なう前に必ず製品インストールフォルダーのバックアップを実施してください。

バックアップ手順につきましては以下のナレッジを参照してください。
データのフルバックアップ/リストアについて

[3] 統合修正パッチの適用

<統合修正パッチ適用手順>

※統合修正パッチはビルド番号の低いもの(既存ビルド)から高いものへの適用のみ可能です。

例) 正:12300に統合修正パッチ123079用を適用

   誤:123079に統合修正パッチ123008を適用

[Windowsの場合]

1. Firewall Analyzerを停止してください。

※停止方法につきましては、以下のナレッジをご参照ください。
ビルド12300以降: Firewall Analyzerの起動/停止方法

2. コマンドプロンプトを管理者権限で開き、<FWA_Home>\binに移動してください。

3. 以下のコマンドを実行してください。

UpdateManager.bat

4. アップグレード用の画面が表示されますので「Browse」をクリックし、
ダウンロードしたPPM(統合修正パッチ)ファイルを選択後、[Install]をクリックしてください。

5. アップグレードが正常に完了したことを確認後、[Close]をクリックし、画面を閉じてください。

6. Firewall Analyzer を起動してください。

7. 起動後、製品にログインし、画面上部のシルエットアイコンをクリックしてください。

8. [製品]タブにあります製品情報内の「ビルド番号」が変更されていることを確認してください。

[Linux(CUI)の場合]

1. Firewall Analyzer を停止してください。

2. コンソール上、管理者権限にて<FWA>/binに移動してください。

3. 以下のコマンドを実行してください。

./UpdateManager.sh  -c

4. 以下のオプション選択画面が表示されますので、「i」(インストール)を入力してください。

Press i to Install
u to Uninstall
v to View installed ServicePack versions
e to Exit
Choose an Option:

5. 以下にPPM(統合修正パッチ)の保存先のフルパスを入力してください。

Enter the patch file to install:

入力例: /opt/AdventNet_ManageEngine_OpManager_12_0_SP-"ビルド番号".ppm

※正常にアップデートが完了すると「Service Pack installed successfully」のメッセージが表示されます

6. アップデート完了後、「Do you want to continue ?」と表示されますので「n」(NO)を入力し、終了してください。

7. Firewall Analyzerを起動してください。

8. 起動後、製品にログインし、画面上部のシルエットアイコンをクリックしてください。

9. 製品タブより、ビルド番号が変更されていることを確認してください。

※本ナレッジ上部の[Windowsの場合]の手順8をご参照ください

統合修正パッチの適用方法は以上になります。

※3月27日リリースのFirewall Analyzer ビルド番号12.3.283以降において
「ログファイルのインポート」機能で「リモートホスト」によるインポートを実施する場合、
「パラメータに無効な値が設定されました」というメッセージが表示され、インポートが機能しない問題が判明しております。
以下の手順に沿って、対象ファイルの入替を実施いただくことで機能するようになります。

【ファイル入替手順】
1.ManageEngine OpManagerサービスを停止
2.[<Firewall Analyzer_Home>\conf]フォルダに移動
3.バックアップとして[security-fwa.xml]ファイルを別ディレクトリに退避
4.こちらから[security-fwa.xml]ファイルをダウンロードし、[<Firewall Analyzer_Home>\conf]フォルダに配置
5.ManageEngine OpManagerサービスを起動

※本不具合は、ビルド12.4.104以降で改修されております。

[4]追加機能/不具合修正一覧

ver12以降の、追加機能/不具合修正情報はこちらのリリースノートをご参照ください。

※その他の修正事項に関しましてはこちら(本社英語サイト)をご覧ください。