Password Manager Pro ナレッジベース

AWS IAM リソースの登録手順


本ナレッジでは、AWS IAMの管理方法をご案内します。

AWS IAMを登録する方法

1. AWS IAMリソースを追加
  1. 管理者アカウントでPassword Manager Proにログイン後、リソースタブをクリックし、[リソース追加]をクリックします。
  2. [ステップ1 - リソースを追加]画面にて、[FQDN / IPアドレス]で利用中のAWS IAM URL を、[リソース種別]でAWS IAMを選択します。

    ※画像をクリックすると拡大できます。

  3. [ステップ2 - アカウントを追加]画面にて、利用中のAWS IAM のアカウントとパスワードを入力し、[追加]をクリックします。アカウントを追加した後、[完了]をクリックします。

(2)アクセス鍵と秘密鍵を紐づけるための新しいリソース種別を追加
  1. 管理タブをクリックし、[リソース種別]->[種別追加]に移動します。
  2. [リソース種別]に適切な名称(例:AWS_KEY)を入力し、[保存]をクリックします。

(3)アクセス鍵と秘密鍵を紐づけるためのリソースを追加
    1. リソースタブをクリックし、[リソース追加]をクリックします。
    2. [ステップ1 - リソースを追加]画面にて、[リソース名]に適切な名称(例:AWS_KEY)を入力し、[リソース種別]として上記で追加した値を選択します。(例:AWS_KEY)
      その他、必要な設定を実施([FQDN / IPアドレス])は設定不要です。
  1. [ステップ2 - アカウントを追加]画面にて、[ユーザ アカウント]に、[アクセス鍵]に対応させるための適切な(架空の)アカウントを入力します。(例:Access_Key)
  2. [パスワード]や[パスワード確認]に実際の[アクセス鍵]の値を入力し、[追加]をクリックします。

  3. [ユーザーアカウント]に、[秘密鍵]に対応させるための適切な(架空の)アカウントを入力します。(例:Secret_Key)
  4. [パスワード]や[パスワード確認]に実際の[秘密鍵]の値を入力し、[追加]をクリックし、[完了]ボタンをクリックします。

(4)リモート同期用の資格情報を設定します。
  1. [リソース]タブをクリックして、(1)で追加したAWS IAMリソースについて[パスワード変更用の資格情報を編集]をクリックします。
  2. [アクセス鍵]にて、リソースとして登録した鍵用リソース(例:AWS_KEY)を選択します。
  3. [ユーザーアカウント]として、(3)で作成した[アクセス鍵]にに対応させるためのアカウント(例:Access_Key)を選択します。
  4. [秘密鍵]にて、リソースとして登録した鍵用リソース(例:AWS_KEY_1)を選択します。
  5. [ユーザーアカウント]として、(3)で作成した[秘密鍵]に対応させるためのアカウント(例:Secret_Key)を選択します。
  6. [保存]ボタンをクリックします。