よくあるご質問(FAQ)

ネットワーク機器コンフィグ管理

購入前のお客様よりいただきます、よくあるお問い合わせ内容について記載します。

下記以外のご質問につきましては、当社までお問い合わせください。

製品概要について

ManageEngine Network Configuration Managerは、ネットワーク管理者が効率よくネットワーク機器のコンフィグ変更やコンフィグ取得を行うための管理ツールです。 Network Configuration Managerは、ネットワーク機器のコンフィグレーションの変更履歴やネットワーク機器の操作履歴のレポートを作成できます。 また、コンフィグレーションの変更を自動検出し、検出した場合には自動でコンフィグレーションのバックアップを行い、最新の状態を取得します。
Network Configuration ManagerはCisco, HP, Nortel, D-Link, Juniper, NetScreen, NETGEAR, Dell, 3Com, Alaxala, Fortinet, ADTRAN, Huawei, ArubaやBlue Coat等のマルチベンダーのスイッチ、ルーター、ファイアウォール、無線アクセスポイントなどの機器を管理します。 ネットワーク内の機器をディスカバリ機能により検出し、IT管理者は管理コンソールよりネットワーク機器のコンフィグレーションを操作/管理します。 Webベースの管理コンソールでは、コンフィグレーションの収集やアップロード、機器の状態確認コマンドの発行といったネットワーク機器を管理するために必要な全ての操作を行えます。 また、Webブラウザーを使用することでネットワーク管理者はネットワーク内のどこからでも管理コンソールへアクセスできます。
はい。 Network Configuration ManagerはCisco社のルーター、スイッチ、ファイアウォール等のコンフィグレーションを管理できます。 Cisco社製品以外では、HP、3com、FortiGate、Juniperといった主要ベンダー機器のコンフィグレーションを管理できます。
Network Configuration Managerは、現在Cisco, HP, Nortel, Force10, D-Link, Juniper, NetScreen, Juniper, NETGEAR, Dell, 3Com, Foundry, Fortinet, ADTRAN, Enterasys, Huawei, Extreme, Proxim, Aruba and Blue Coat といった他ベンダーの製品をサポートしています。サポート対象機器リストはこちらからご確認ください。
はい。 Network Configuration Managerは30日間 管理台数無制限の評価版をご用意しております。評価期間を過ぎると自動的に管理台数が2デバイスに移行します。 ライセンスをご購入いただいた場合、ライセンスファイルを適用していただければ、自動的に有料版へ移行いたしますので、再インストールしていただく必要はございません。
可能です。 コンフィグレーションの比較は以前のバージョン以外にも、任意のバージョンや別機器とのコンフィグレーションとの比較が可能です。

インストール/システム要件について

いいえ。Network Configuration Managerをインストールしていただくのに必要となるソフトウェアはありません。 Network Configuration Managerで必要となる、データベース、TFTPサーバー、SSHサーバーおよびSyslogサーバーは製品にバンドルされています。 変更検出などをメールで通知する場合は、お客様で利用中のメールサーバーをご指定いただければ、メール通知機能を利用いただけます。
いいえ。再インストールも再起動も必要ありません。 ご購入後、ライセンスファイルの発行をを依頼していただくと、弊社よりお客様へライセンスファイルを送付します。 送付されたライセンスファイルを管理コンソール画面右上の [ライセンス登録]より適用するだけで有料版へ移行します。
以下のブラウザーをサポートしています。 Microsoft Edge/Firefox/Google Chrome こちらからWebブラウザー要件をご確認いただけます。
システム要件については、こちらをご参照ください。
はい。対応OS上であれば運用可能ですが、性能につきましては、必ず評価版を利用して製品性能を十分に検証して、お客様の要件を満足するかどうかを確認してください。対応OSに関する情報は、動作環境ページを参照してください。
Network Configuration Managerが必要とするポートを使用しないアプリケーションとの同居は可能ですが、障害発生時には、原因切り分けのため他のアプリケーションを全て終了していただく場合がございます。
快適にご利用いただくために1ヶ月に1度を目安に、サービスの再起動を定期的に行うことを推奨しております。

機能およびサポート機器について

ご利用者自身が製品のカスタマイズを行いサポート機器を追加することはできません。 ご依頼ベースでの対応となります。 こちらのナレッジよりサポート機器の確認および追加依頼時のフローをご確認ください。 ※ 機種の内容により機能限定でサポートする場合もございます。
はい。Network Configuration Managerでは、指定したIPアドレスレンジでSNMPを用いて機器を検出(ディスカバリ)し、自動でネットワーク機器を追加します。また、スケジュール機能を用いることで、ネットワーク内に機器を新たに設置した場合にも自動的に検出(ディスカバリ)を行います。
認証情報(ログインID/パスワード等)を機器ごとに設定した後、Telnet/SSHで機器に接続し、コンフィグをバックアップします。
はい。取得したコンフィグーションはNetwork Configuration Managerのデータベース内で管理されております。 Network Configuration Managerのスケジュール設定により、取得したコンフィグレーションを指定した時刻に(定期的に)テキストファイルへエクスポートすることが可能です。
はい。編集したコンフィグレーションをNetwork Configuration ManagerよりTFTPを用いてアップロードを行います。Startup-ConfigとRunning-Configの両方がある場合、 Running-Configは編集したい箇所のみのアップロードが可能で、Startup-Configについては、全てのコンフィグレーションをアップロードする必要があります。
Network Configuration Managerではコマンド実行エラーは認識せず、実行が終わった時点で判断しますので、実行するコマンドは事前検証の必要があります。また、スクリプト実行時にネットワークが切れるなどの障害が発生した場合には、その旨を表示します。
はい。コンフィグレット機能のアドバンスドスクリプトモードにて対話形式のコマンド実行を実現します。

詳細につきましては、こちらのソリューションページご確認ください。