Desktop Central オンプレミス版 ナレッジベース

長期間通信のないエージェントを確認する方法


この記事は、Desktop Centralを使用して長期間通信のないエージェント(管理対象)を確認する手順について説明しています。

長期間通信のないエージェントを確認する方法

Desktop Centralを使用してPCを管理する際、エージェントと定期的に通信することは重要です。長期間通信を行えない状態でもDesktop Centralの機能に支障はありませんが、定期的な通信によって最新のインベントリ情報・パッチ情報が反映されるため、適切な管理水準を維持するために不可欠となります。そのため、長期間通信のないエージェント(管理対象PC)を確認し、適切な管理が行えるよう注意する必要があります。
以下の2つの方法から、長期間にわたって通信できていないエージェント(管理対象PC)を確認し、管理状況を確認します。

Desktop Centralは、PCの起動時やネットワーク接続時、およびPC起動中の90分に一度の定期的な通信(リフレッシュサイクル)において各エージェントとDesktop Centralサーバーが通信します。
長期間通信がなかったエージェントであっても、一部の例外を除き、Desktop Centralサーバーと通信可能な状態になると、自動的に通信を行います。通信に失敗する場合はトラブルシューティングツールを実行します。

1. エージェントのバージョンを確認する

Desktop Central エージェントは、Desktop Centralサーバーのアップグレード後の通信において自動的に更新されます(更新されず、最新版ではなくなったエージェントは、更新が完了されるまでスキャン等の操作ができません)。
エージェントのバージョンを参照し、最新バージョンではないエージェントを確認することで、長期間通信のないエージェントを確認できます。

詳細は エージェントのバージョンを確認する のナレッジをご確認ください。

 


2. 最終接続時刻を確認する
  1. エージェントタブ > 管理対象 > PC を開きます。
  2. 「最終接続時刻」(Last Contact Time, ビルドによっては「最終通信時刻」)列を確認します。
    「最終通信時刻」列が表示されない場合は、カーソルをテーブル最下部に移動させて左右にスクロールします。それでも表示されない場合は、右上の表アイコンから表示カラムを選択します。
    なお、列の見出しをクリックすることで、そのカラムについて昇順/降順に並べ替えが可能です。
  3. 「フィルター」 の + をクリックして新規フィルターを作成します。以下の内容を指定すると、最終接続時刻が基準日以前のPC(=基準日より後において通信がないPC)が表示されます。
    • Column: 最終接続時刻
    • 基準: 「次の期日の前に」
    • 値: 基準となる日を指定します。カレンダーをクリックするか、MM/dd/yyyy形式で入力します。
  4. 「無題フィルター」と表示されている箇所をクリックしてフィルター名を入力します。
  5. [保存して適用]をクリックします。
    フィルターの設定

以上で、フィルターを使用して指定した日より後において通信がないPCを一覧表示できます。
 

管理対象ポリシーについて
管理対象ポリシーを設定すると、Desktop Centralサーバーとの通信が一定期間ないPCについて、管理者に通知するまたは自動的に管理対象から削除することが可能です。詳細は管理対象ポリシーをご覧ください。