Desktop Central オンプレミス版 ナレッジベース

Microsoft 365の更新プログラム(パッチ)の配布


Microsoft 365(旧称 Office 365)の更新プログラムの配布

この記事では、Microsoft 365の更新プログラムを配布する手順について説明しています。このナレッジは、Desktop Central オンプレミス版 / Desktop Central Cloud / Patch Manager Plus オンプレミス版 / Patch Manager Plus Cloud に対して有効です。

 

配信サーバー経由の配布

通常のパッチ配布と同様の手順で、Microsoft 365の更新プログラムをサイレントインストールします。

この手順は配信サーバー経由のエージェントに対して有効です。配信サーバーを設置しない直接通信のエージェント、パッチの直接ダウンロードを有効化しているエージェントでは、必要な帯域が大きくなることから利用できません。

手動配布

  1. あらかじめパッチDBの設定において Microsoftパッチ が選択済みであることを確認します。
  2. パッチ管理タブ > 欠落パッチ (表示されない場合は パッチ管理タブ > 利用可能なパッチ) を開きます。
  3. 右上の検索機能を使用して 「パッチの説明」や「パッチ名」 列に対して 「365」 等と入力してMicrosoft 365の欠落パッチを確認します。
  4. 手動配布の手順に沿ってパッチを配布します。

自動配布

  1. パッチ管理タブ > 配布 > パッチ配布の自動化 を開きます。
  2. [+タスクの作成] > Windows をクリックしてパッチ配布タスクを新規に作成します。
  3. アプリケーションの選択 > Microsoft > アプリケーションの種類と重要度 において 「セキュリティの更新」にチェックを入れます(必要に応じて重要度を選択します)。
  4. アプリケーションの選択 > Microsoft > アプリケーション において、「Microsoft 365」と入力して表示される候補からアプリケーションを選択します。
    • Current Channel = 最新機能提供チャネル
    • Semi Annual Channel = 半期チャネル
    • Enterprise Semi Annual Channel (Targeted) = Semi-Annual Enterprise Channel (Preview)、半期エンタープライズチャネルチャネル(対象指定)
  5. 自動配布の手順に沿って設定を行ない、パッチ配布タスクを作成し有効化します。
  6. パッチリリース後、設定内容に従って自動的に配布されます。
この方法でMicrosoft 365のパッチ配布を実行すると、バックグラウンドではパッチの依存ファイルとしてOffice Deployment Toolがダウンロードされ、 setup.exe /download config.xml のコマンドを実行することで必要な依存ファイルを取得します。
パッチ配布時にパッチファイルとこれらの依存ファイルを配布対象にコピーし、パッチのインストールを実行します。インストール要件は setup.exe /configure config.xml のコマンドを実行し判定します。

 


直接インストールでの配布

レジストリを編集後、通常の手順で更新プログラムを配布します。

この手順は配信サーバーを設置しない直接通信のエージェント、パッチ直接ダウンロードを有効化しているエージェントに対して有効です。また配信サーバー経由であっても、帯域幅消費を特に抑制する必要のある場合にはこちらの方法を利用します。また、基本的にDesktop Central Cloudをご利用の場合もこちらの方法を推奨します。
  1. 構成タブ > 構成の追加 > 構成 > Windows > レジストリ > コンピューター を選択します。
  2. レジストリ構成に名前と説明を入力します。なお、レジストリ構成の詳細についてはレジストリ構成のナレッジ(新規タブで開きます)をご覧ください。
  3. レジストリ設定として以下の情報を入力します。
    • レジストリ設定: 手動
    • アクション: 値の変更
    • ヘッダーキー: HKEY_LOCAL_MACHINE
    • サブキー: SOFTWARE\AdventNet\DesktopCentral\DCAgent\Patch
    • データタイプ: REG_DWORD
    • 値の名前: OFFICE_365_ONLINE_INSTALLATION
    • 値のデータ: 1
  4. 配布対象のコンピューターを指定します。
  5. 実効設定を必要に応じて選択します。
  6. [配布]または[今すぐ配布]を選択します。
  7. 配布完了後、配信サーバー経由の手順に沿って更新プログラムを配布します。
カスタムスクリプト機能を使用して、以下のコマンドを実行することでもレジストリを編集できます。

REG ADD "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\AdventNet\DesktopCentral\DCAgent\Patch" /v OFFICE_365_ONLINE_INSTALLATION /t REG_DWORD /d 1 /reg:32 /f

Patch Manager Plusをご使用の場合、レジストリを編集する機能はありません。他の資産管理ツールを使用したり、管理対象において上記コマンドを直接実行したりするなどしてレジストリを編集します。

 


Microsoft 365 コンソール画面での更新プログラム配布の無効化

Desktop Central(Patch Manager Plus)を使用してMicrosoft 365の更新プログラムを配布すると、レジストリの UpdateURLがDesktop Centralサーバーのパッチリポジトリに変更され、 UpdatesEnabled が False に設定されることで自動的にMicrosoft 365コンソール画面での更新が無効化されます。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\ClickToRun\Configuration - UpdateUrl : {PatchStoreLocation}
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\ClickToRun\Configuration - UpdatesEnabled : False

Microsoft 365コンソール画面からの更新の適用を再度有効化するためには、以下のようにレジストリを編集します。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\ClickToRun\Configuration - UpdateUrl : {PatchStoreLocation} から、UpdateURLの値を削除
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\ClickToRun\Configuration - UpdatesEnabled : True に変更

 


Microsoft 365 更新プログラム配布時のトラブルシューティング
エラー内容 ナレッジ
Patch update delayed since application is used by another process アプリケーションが実行中
Unknown error code - 2146994714
Patch Store Location Not Available
ダウンロード済みファイルの問題
Download success checksum failed
File not found error
The system cannot find the file specified
ダウンロードの問題
Unknown error code : 17006 アプリケーションがバックグラウンドで実行中
Unknown error code : 17002 以前のバージョンによるブロック
Unknown error code : 17003 プロセスが実行中
Unknown error code : 30035 アプリケーションの破損
Catastrophic failure 環境依存の問題
KB updates are not shown missing for office 365 installed machines KBの適用不可
ffice 365 auto-update/repair option has been disabled after installing update through patch management Microsoft 365 コンソール画面での更新プログラム配布の無効化
「Patch update delayed since application is used by another process」のエラーが表示され適用に失敗する

問題
「Patch update delayed since application is used by another process」のエラーが表示され適用に失敗します。

原因
Word、Excelなどの Microsoft 365 アプリケーションが実行中のため、更新プログラムの配布に失敗しました (これはMicrosoft 365の仕様に起因します)。

解決策
以下のうちいずれかの方法を実行します。

  • (A) Microsoft 365 アプリケーションを終了し、再度更新プログラムを配布します。
     
  • (B) 以下のレジストリを編集し、更新プログラムの配布開始時にMicrosoft 365 アプリケーションを強制終了します。
    alwaysKillAppsを 1 に設定すると、更新プログラムの配布時にWord、Excelを含めMicrosoft 365は強制終了されます。強制終了時、ポップアップ通知等は表示されません。また、強制終了によって作業中のデータが消失する可能性があります。
    • ヘッダーキー: HKEY_LOCAL_MACHINE
    • サブキー: SOFTWARE\WOW6432Node\AdventNet\DesktopCentral\DCAgent\Patch
    • データタイプ: REG_DWORD
    • 値の名前: alwaysKillApps
    • 値のデータ: 1
    パッチ管理タブ > サポート済みパッチ を開き、パッチID: 100012(強制終了の有効化) / 100013(強制終了の無効化) を配布することでも上記レジストリを編集可能です。
  • (C) 別途アナウンスツール機能を使用し、更新プログラムの配布前にメッセージを表示させます。メッセージにて、ユーザーに更新時の対応を依頼します。配布ポリシーにて配布のスキップを許可するなど、適切な設定をした後で(B)の方法で更新プログラムを配布します。

    (例)Microsoft 365の更新プログラムがこれからこのコンピューターにインストールされます。インストールが開始されると、WordやExcelが通知なく突然終了し、作業中のデータは保存されません。

「Unknown error code - 2146994714」または「Patch Store Location Not Available」のエラーが表示され適用に失敗する

問題
「Unknown error code - 2146994714」または「Patch Store Location Not Available」のエラーが表示され適用に失敗します。

原因
パッチリポジトリにおいて、ダウンロード済みのファイルが利用できません。

解決策
以下の情報を添えて技術サポート窓口にお問い合わせください。

  • サーバーログ(オンプレミス版の場合)
  • エージェントログ
  • <エージェントフォルダー>\Patches\フォルダーを開き、配布するつもりだったパッチ {dependency_PatchID}-O365.zip を右クリック > プロパティ のスクリーンショット(zipファイルのサイズが分かるもの)
  • <エージェントフォルダー>\Patches\フォルダーを開き、配布するつもりだったパッチ {dependency_PatchID}-O365.zip を開き、含まれるファイル一覧のスクリーンショット
  • <エージェントフォルダー>\Patches\フォルダーを開き、配布するつもりだったパッチ {dependency_PatchID}-O365.zip を開き、 Office > Data フォルダー に含まれるファイル一覧のスクリーンショット
「Download success checksum failed」、「File not found error」または「The system cannot find the file specified」のエラーが表示され適用に失敗する

問題
「Download success checksum failed」、「File not found error」または「The system cannot find the file specified」のエラーが表示され適用に失敗します。

原因
ダウンロードに問題があります。

解決策
(オンプレミス版の場合)パッチリポジトリに保存されたファイルを削除し、時間をおいて配布を再試行します。
それでも問題が継続する場合、サーバーログ・エージェントログを添えて技術サポート窓口にお問い合わせください。

「Unknown error code : 17006」のエラーが表示され適用に失敗する

問題
「Unknown error code : 17006」のエラーが表示され適用に失敗します。

原因
以下の実行ファイルがバックグラウンドで実行中の場合、配布に失敗します。
WINWORD.EXE, EXCEL.EXE, MSACCESS.EXE, OfficeClickToRun.exe, GROOVE.EXE, OUTLOOK.EXE, ONENOTE.exe, POWERPNT.EXE, MSPUB.EXE, LYNC.EXE, WINPROJ.EXE, VISIO.EXE, ACCICONS.EXE, lynchtmlconv.exe, PPTICO.EXE

解決策
タスクマネージャーを開き、実行中の上記のプロセスを終了させます。また、配布中はMicrosoft 365 アプリケーションは使用できません。

「Unknown error code : 17002」のエラーが表示され適用に失敗する

問題
「Unknown error code : 17002」のエラーが表示され適用に失敗します。

原因
いくつかの原因が考えられます。

  • Microsoft 365 アプリケーション実行ファイルが実行中です。
  • アンチウイルスソフトが更新プログラムのインストールをブロックしています。
  • 以前のバージョンのOfficeがインストールをブロックしています。
  • Microsoft 365のインストールが不完全です。
  • Microsoft 365が新しいバージョンのインストールをブロックしています。

解決策
更新プログラムの配布時はMicrosoft 365アプリケーションを終了させます。その上で、Microsoft 365を修復します。
それでも問題が解消しない場合、Microsoft 365を再インストールし、再度更新プログラムを配布します。
上記対応でも問題が継続する場合、Microsoftにお問い合わせください。

「Unknown error code : 17003」のエラーが表示され適用に失敗する

問題
「Unknown error code : 17003」のエラーが表示され適用に失敗します。

原因
いくつかの原因が考えられます。

  • Microsoft 365 アプリケーション実行ファイルが実行中です。
  • 他のインストールが実行中です。

解決策
更新プログラムの配布時はMicrosoft 365アプリケーションを終了させます。
タスクマネージャーを開き、setup.exe または clicktorun.exe が実行中でないか確認します。実行中であった場合、プロセスを終了し配布を再試行します。

「Unknown error code : 30035」のエラーが表示され適用に失敗する

問題
「Unknown error code : 30035」のエラーが表示され適用に失敗します。

原因
いくつかの原因が考えられます。

  • Microsoft 365 システムファイルが破損しています。
  • 以前のMicrosoft 365が適切に削除されていません。
  • Windowsファイアウォールがネットワークアクセスを遮断しています。
  • インストーラーの一部のみをダウンロードし、完全なインストーラーをダウンロードしていません。

解決策
Microsoft 365 アプリケーションを修復し、配布を再度試行します。
それでも問題が継続する場合、Microsoft 365 をアンインストールし、再度インストールします。
上記対応でも問題が継続する場合、Microsoftにお問い合わせください。

「Catastrophic failure」のエラーが表示され適用に失敗する

問題
「Catastrophic failure」のエラーが表示され適用に失敗します。

原因
環境依存の問題である可能性があります。

解決策
Microsoftにお問い合わせください。

「KB updates are not shown missing for office 365 installed machines」のエラーが表示され適用に失敗する

問題
「KB updates are not shown missing for office 365 installed machines」のエラーが表示され適用に失敗します。

原因
KBに基づく更新プログラムはインストールされたMicrosoft 365 のエディションには適用できません。

解決策
Microsoft 365 の更新プログラムはバージョンとビルドに基づくため、KBに基づく更新は適用できません。
Microsoft 365 Apps の日付別更新履歴は、Microsoftのページをご覧ください。

「Office 365 auto-update/repair option has been disabled after installing update through patch management」のエラーが表示される

問題
「Office 365 auto-update/repair option has been disabled after installing update through patch management」のエラーが表示されます。

原因
これはMicrosoft 365のデフォルトの動作であり、正常です。

解決策
こちらをご覧ください。