EventLog Analyzer ナレッジベース

履歴ログ収集機能について


履歴ログ収集機能は、ホストを新規追加する際にご利用いただけるオプションです。

 

履歴ログ収集機能を有効にすると、EventLog Analyzerはホスト追加時に、イベントビューアーに存在するすべて (アプリケーション、システム、セキュリティ) のWindowsログを収集します。

なお、オプションを有効にしない場合、EventLog Analyzerはホストを追加したタイミングから1時間前までのログを収集します。

本オプションは、エージェントレスログ収集にのみ適用されます。
エージェントベースのログ収集では、EventLog Analyzerサーバーがダウン中でも、イベントビューアからログを収集しており、サーバー再起動時に収集済みのログをサーバーへ送付します。

 

  • [履歴ログ収集] を無効化した場合

  • [履歴ログ収集] を有効化した場合

 

 履歴ログ収集を有効にしてデバイスを追加する手順

1. [設定] > [管理者権限] > [製品設定] > "履歴ログ収集"を有効後、保存をクリックします。

 

2. [設定] > [管理ホスト] >  [デバイス追加] > 対象デバイスを選択後、履歴ログ収集アイコンをクリック後、追加します。

 

 製品停止などにより一時的にログの収集ができなかった場合の挙動について

本オプションの有効有無にかかわらず、EventLog Analyzerは復旧したタイミングから、過去3日間のログのうち、前回取得時からの差分を収集します。

 


以上です。