EventLog Analyzer ナレッジベース

ログ収集時の失敗時にアラート通知を行う


本ナレッジベースは、ビルド12134を元に作成しています。

EventLog Analyzerでは、ログ収集の失敗を検知するのに有効な3種類のアラートを紹介します。

 

1.ログコレクターダウン

ログ収集を行うプロセス (SysEvtCol.exe) を15分間隔で監視し、プロセスがダウンしていた場合に、メールによるアラート通知を行います。

 

設定箇所:[ 設定 ] - [ 管理者権限 ] - [ 製品設定 ]- [ 製品通知 ]

ログコレクターの故障」にチェックを入れて、通知の送信先を設定してから「保存」をクリックしてください。

 

 

設定」をクリックすると、通知メールの件名を設定できます。

 

 

 

2.端末のログ収集失敗アラート

指定したホストに対するログの収集が一定期間行われない場合に、メールによるアラート通知を行います。

 

設定箇所:[ 設定 ] - [ 管理者権限 ] - [ Log Collection Failure Alerts]

デバイスダウンアラート」を有効化して、各種設定を行なってから「提出」をクリックしてください。

 

 

*「送信間隔」にて30分と設定した場合

 

対象ホストから30分間連続でログ収集が失敗すると、アラート通知を行います。また、「一回通知」にチェックを入れると、最初のアラート通知から30分間連続でログ収集が失敗していても、2回目以降のアラート通知を行わなくなります。

 

 

3.ディスク領域の減少アラート

ディスクの空き容量が指定のしきい値を下回った場合に、メールによるアラート通知を行います。

 

設定箇所:[ 設定 ] - [ 管理者権限 ] - [ 製品設定 ]- [ 製品通知 ]

少ないハードディスク容量」にチェックを入れて、通知の送信先を設定してから「保存」をクリックしてください。

 

 

設定」をクリックすると、しきい値と通知メールの件名を設定できます。

 

 

ディスクの空き容量が2GBを下回ると、EventLog Analyzerは自動でログコレクターのプロセスを停止します。そのため、2GBを下回る前に通知を行うよう設定いただくことを推奨しています。

以上です。


 

1.ログコレクターダウン

ログ収集を行うプロセス (SysEvtCol.exe) を15分間隔で監視し、プロセスがダウンしていた場合に、メールによるアラート通知を行います。

設定箇所:[ 設定 ] - [ 管理者権限 ] - [ ログコレクターダウン ]

 

2.端末のログ収集失敗アラート

指定したホストに対するログの収集が一定期間行われない場合に、メールによるアラート通知を行います。

設定箇所:[ 設定 ] - [ 管理者権限 ] - [ 端末のログ収集失敗アラート ]

 

3.ディスク領域の減少アラート

ディスクの空き容量が指定の領域を下回った場合に、メールによるアラート通知を行います。

設定箇所:[ 設定 ] - [ 管理者権限 ] - [ ディスク領域の減少アラート ]

ディスクの空き容量が2GBを下回ると、EventLog Analyzerは自動でログコレクターのプロセスを停止します。そのため、2GBを下回る前に通知を行うよう設定いただくことを推奨しています。

 

以上です。