EventLog Analyzer ナレッジベース

【アラート設定方法】設定値を超えたVPNセッションが発生している場合にアラート通知する


本ナレッジベースは、ビルド12141を元に作成しています。

ビルド12141より、「設定値を超えたVPNセッションが発生している場合」にアラート通知を行うことが可能となりました。当該アラートの設定方法をご紹介します。

設定方法

1. 画面右上の[+追加] >> [アラート]をクリックして、「アラートプロファイルの追加」画面に移動します。

2. [デバイスを選択]にて、ファイアウォールなどのVPNデバイスを選択します。

3. [アラートを選択] >> [カスタムアラート]をクリックします。

4. ルール基準項目のプルダウンメニューから、「Allowed Active Sessions」を選択します。

 

5. 任意の設定値を入力します。現在発生しているVPNセッション数が入力した設定値以上となった場合にアラートが生成されます。さらに、設定値以上のVPNセッションが発生する度にアラートが生成されます。

【例:設定値を100とした場合】

現在発生しているVPNセッション数が100に達した場合にアラートが生成されます。また、現在発生しているVPNセッション数が101、102と増えていく度にアラート生成されます。

 

 

その他、詳細なアラート設定方法は以下のナレッジベースをご参照ください。