Password Manager Pro ナレッジベース

アップグレードパック適用手順


各種アップグレードパック適用手順(ご使用環境を確認し、該当する手順を実行してください。)

Windows (MySQL / PostgreSQL)

  • Password Manager Proのサービスを停止し、トレイアイコンを終了します。
database_params.confファイルを別の場所に保管している場合、アップグレードを行う前にこのファイルを必ず元の場所(例:PMP/conf/)にコピーしてください。
  • Password Manager Proサービス(プライマリとセカンダリの両方が実行されている場合は両方)を停止します。また、タスクマネージャーでpostgres / mysqlプロセスが実行されていないことを再確認してください。
  • Password Manager Proのインストールフォルダ全体のバックアップを取り、別の場所に保存します。アップグレードで問題が発生した場合、こちらをバックアップとしてご使用ください。

現在バージョン8300以上を使用している場合、アップグレードパック適用前に、以下の前提条件を満たしている必要があります。


[前提条件]
ビルド8300以降において、Password Manager Proでは、セキュリティのベストプラクティスを実施しています。そのため、アップグレードを実行する前に、以下設定変更が対応済みがご確認ください。

  • セキュリティ予防措置として、Password Manager Proでは、ユーザー名そのものをパスワードとして使用することができなくなります。パスワードとしてユーザー名を使用しているシステムデフォルトユーザーアカウント:adminとguestは、アップグレードパックのインストール作業を進める前に、パスワードを変更する必要があります。
  • システムデフォルトユーザーアカウント:adminとguestにおいて、「ログインパスワード変更」ウィザードを使用し、ローカル認証のパスワードを変更行ってください。

■ローカル認証のパスワードを変更するための役割別の手順:
【管理者、パスワード管理者、そして他の管理者タイプのユーザー】
管理>>セットアップ>>パスワード変更 をクリックして、新しいパスワードを設定します。

【パスワード監査、パスワードユーザー】
PMPウェブコンソールの右上にある人型アイコン内、パスワードの変更を選択し、新しいパスワードを設定します。

  • 新しいパスワードは、管理者が設定したパスワードポリシーに準拠したものでなければなりません。
    新しいパスワードは、パスワードジェネレーターを使用し生成することや、ポリシーに沿ってご自身で入力することも可能です。
  • 新しいパスワードはメールでは通知送信されませんため、お忘れないようご注意ください。パスワードを忘れてしまった場合は、PMPログインページにある「Forgot Password?」のリンクを使用し、パスワードリセットを行ってください。

設定完了後、アップグレードパック適用に進むことが可能です。

  • コマンドプロンプトを右クリックし、管理者として実行します。
  • コマンドプロンプトでPMP/binディレクトリに移動し、UpdateManager.batを実行してください。
  • 「Browse」をクリックし、ダウンロードした.ppmファイルを選択します。
PMPをバージョン11.3から12.0にアップグレードする際には、このSSL証明書インポートが必須となりますのでご注意ください。毎回必須な作業ではありませんが、今後もアップグレード時に証明書適用が必要なタイミングにはppm選択後に適用を求めるポップアップが表示されますため、同じ証明書の適用をお願いいたします。

こちらをクリックして、インポートするSSL証明書をダウンロードしてください。手順は下記の通りです。

  • 開いたポップアップで「Browse」をクリックし、ダウンロードしたSSL証明書をインポートします。

  • Update ManagerウィンドウでInstallをクリックすると、アップグレード処理が開始されます。
  • 複数アップグレードパックを適用する場合、アップグレードごとにUpdate Managerを終了し、PMPサービスを一度起動・停止してから、アップグレードの手順を実行してください。
  • アップグレードパック適用後、Password Manager Proのサービスを開始します。
HA構成を設定済みの場合、アップグレード時にセカンダリインスタンスを一度アンインストール・インストールして再セットアップする必要があります。こちら(MySQL | PostgreSQL)ヘルプガイドに記載されている手順に従ってください。

 

Windows (MS SQL)

  • Password Manager Proのサービスを停止し、トレイアイコンを終了します。
  • Password Manager Proサービス(プライマリとセカンダリの両方が実行されている場合は両方)を停止します。
  • Password Manager Proのインストールフォルダ全体のバックアップを取り、別の場所に保存します。アップグレードで問題が発生した場合、こちらをバックアップとしてご使用ください。さらに、Password Manager Proデータベースのバックアップを取り、別の場所に保存します。
現在バージョン8300以上を使用している場合、アップグレードパック適用前に、上記記載の前提条件を満たしている必要があります。
また、HA構成を設定している場合、Password Manager Proは、そのレプリケーションデータに関連する「サブスクリプション」と「パブリケーション」を削除すること、「パブリッシングとディストリビューション」を無効にすることが必須となります。これを行うには、MS SQL Server management studioにログインし、以下スクリーンショットを参照して、該当ファイル/フォルダを削除します。(HA構成を設定されていない場合は、これらの手順をスキップしてください。)

1. サブスクリプション削除
Replication >> Local Publications >> <PMPデータベース名:PMP-HA>に移動します。
<PMPサーバー名><PMPデータベース名>の存在を確認し、このファイルを右クリックして「削除」をクリックします。

 

2. パブリケーション削除
Replication >> Local Publications >> <PMPデータベース名:PMP-HA>に移動します。のフォルダを右クリックし「削除」をクリックします。

 

3. パブリッシング/ディストリビューション無効化
Replicationフォルダを右クリックし、「無効化」オプションをクリックします。

MS SQL Serverに関する上記手順完了後、アップグレードパック適用に進むことが可能です。

 

アップグレードパックの適用

  • コマンドプロンプトでPMP/binディレクトリに移動し、UpdateManager.batを実行してください。
Password Manager Proデータベース用のMS SQLサーバー設定中、「Windows認証」を選択した場合は、Password Manager ProサービスがSQLサーバーに接続するように設定されたサービスアカウントを使用し、コマンドプロンプトを起動する必要があります。(つまり、管理者として実行する代わりに、サービスアカウントを使用し実行します。)

使用されているアカウントがサービスアカウントか、SQLアカウントかを確認するにはPMP/confディレクトリに移動し、database_params.confファイルを開き確認します。ファイル内にユーザー名とパスワードが見つからない場合、Password Manager ProがWindows認証に使用されているということですので、サービスアカウント権限でコマンドプロンプトを実行する必要があります。
PMPをバージョン11.3から12.0にアップグレードする際には、このSSL証明書インポートが必須となりますのでご注意ください。毎回必須な作業ではありませんが、今後もアップグレード時に証明書適用が必要なタイミングにはppm選択後に適用を求めるポップアップが表示されますため、同じ証明書の適用をお願いいたします。

こちらをクリックして、インポートするSSL証明書をダウンロードしてください。手順は下記の通りです。

  • 開いたポップアップで「Browse」をクリックし、ダウンロードしたSSL証明書をインポートします。

  • Update ManagerウィンドウでInstallをクリックすると、アップグレード処理が開始されます。
  • 複数アップグレードパックを適用する場合、アップグレードごとにUpdate Managerを終了し、PMPサービスを一度起動・停止してから、アップグレードの手順を実行してください。
  • アップグレードパック適用後、Password Manager Proのサービスを開始します。
HA構成を設定済みの場合、アップグレード時にセカンダリインスタンスを一度アンインストール・インストールして再セットアップする必要があります。こちら(MySQL | PostgreSQL)ヘルプガイドに記載されている手順に従ってください。

 

Linux

  • コマンド  /etc/init.d/pmp-service stop  を使用して Password Manager Proサービスを停止します。
database_params.confファイルを別の場所に保管している場合、アップグレードを行う前にこのファイルを必ず元の場所(例:PMP/conf/)にコピーしてください。
  • Password Manager Proサービス(プライマリとセカンダリの両方が実行されている場合は両方)を停止します。また、タスクマネージャーでpostgres / mysqlプロセスが実行されていないことを再確認してください。
  • Password Manager Proのインストールフォルダ全体のバックアップを取り、別の場所に保存します。アップグレードで問題が発生した場合、こちらをバックアップとしてご使用ください。
現在バージョン8300以上を使用している場合、アップグレードパック適用前に、上記記載の前提条件を満たしている必要があります。
  • ターミナルで PMP/bin ディレクトリに移動します。
  • コマンド sh UpdateManager.sh -c  を実行します。(これにより、 CLI モードでUpdate Manager が実行されます。)
  • 「i」を入力し、インストールを行います。アップグレードパックのフルパスを入力する必要があります。
PMPをバージョン11.3から12.0にアップグレードする際には、このSSL証明書インポートが必須となりますのでご注意ください。毎回必須な作業ではありませんが、今後もアップグレード時に証明書適用が必要なタイミングにはppm選択後に適用を求めるポップアップが表示されますため、同じ証明書の適用をお願いいたします。

こちらをクリックして、インポートするSSL証明書をダウンロードしてください。手順は下記の通りです。

  • 開いたポップアップで「Browse」をクリックし、ダウンロードしたSSL証明書をインポートします。

  • Update ManagerウィンドウでInstallをクリックすると、アップグレード処理が開始されます。
  • 複数アップグレードパックを適用する場合、アップグレードごとにUpdate Managerを終了し、PMPサービスを一度起動・停止してから、アップグレードの手順を実行してください。
  • アップグレードパックの適用後、コマンド /etc/init.d/pmp-service start  を実行し 、Password Manager Pro サービスを開始します。
HA構成を設定済みであり、アップグレード時にセカンダリインスタンスを新たにセットアップする必要がある場合は、こちら(MySQL | PostgreSQL)ヘルプガイドに記載されている手順に従ってください。

Failover Service (FOS)

MS SQLクラスターにバインドされた2つのアプリケーションサーバーを持つフェイルオーバーサービスのセットアップ下では、プライマリサーバーのみをアップグレードすることができます。もう一方のセカンダリサーバーはアンインストール・再インストールを行い、フェイルオーバーサービスのセットアップを再設定する必要があります。

手順概要

  • フェイルオーバーサービスの停止・アンインストール
  • プライマリアプリケーションサーバーのアップグレード
  • セカンダリーアプリケーションの再インストール
  • フェイルオーバーサービスの再設定
  • フェイルオーバーサービスの停止
フェイルオーバーサービスの停止・アンインストールは、プライマリサーバーまたはセカンダリサーバーから行うことができます。

フェイルオーバーサービスの停止・アンインストール手順

  • いずれかのサーバーでコマンドプロンプトを開きます。
  • \binディレクトリに移動します。
  • 以下のコマンドを実行します。UninstallFOS.bat

これによりフェイルオーバーサービスが停止されますので、次に他サーバーからPassword Manager Proアプリケーションを完全にアンインストールします。

プライマリアプリケーションサーバーのアップグレード
Password Manager Proのプライマリインストールをアップグレードするには、以下の手順を実行します。最新のアップグレードパックはMEコミュニティーよりダウンロードしてください。本ナレッジ記載手順で、アップグレードパックを1つずつ適用し、最新バージョンへアップグレードすることが可能です。 バックエンドとしてMS SQLが設定されている場合、MS SQL Server内のデータベースバックアップを取得してください。

アップグレード前に、PMPディレクトリ全体のバックアップを取ることをお勧めします。これにより、トラブル発生時にも、PMPディレクトリを削除し、バックアップ取得したディレクトリを同じ場所に再配置することで、既存バージョンに戻り、Password Manager Proインスタンスを再稼働させることが可能です。

アップロードパックの適用

  • Password Manager Proのサービスを停止し、トレイアイコンを終了します。
  • コマンドプロンプトでPMP/binディレクトリに移動し、UpdateManager.batを実行してください。

Password Manager Proデータベース用のMS SQLサーバー設定中、「Windows認証」を選択した場合は、Password Manager ProサービスがSQLサーバーに接続するように設定されたサービスアカウントを使用し、コマンドプロンプトを起動する必要があります。(つまり、管理者として実行する代わりに、サービスアカウントを使用し実行します。)

使用されているアカウントがサービスアカウントか、SQLアカウントかを確認するにはPMP/confディレクトリに移動し、database_params.confファイルを開き確認します。ファイル内にユーザー名とパスワードが見つからない場合、Password Manager ProがWindows認証に使用されているということですので、サービスアカウント権限でコマンドプロンプトを実行する必要があります。
  • 「Browse」をクリックし、ダウンロードした.ppmファイルを選択します。ビルド12001以降、パッチ整合性検証の一環として、アップグレード処理を完了させるために、SSL証明書をインポートする必要があります。こちらをクリックして、インポートするSSL証明書をダウンロードしてください。
  • 開いたポップアップで「Browse」をクリックし、ダウンロードしたSSL証明書をインポートします。
  • Update ManagerウィンドウでInstallをクリックすると、アップグレード処理が開始されます。

PMPをバージョン11.3から12.0にアップグレードする際には、このSSL証明書インポートが必須となりますのでご注意ください。毎回必須な作業ではありませんが、今後もアップグレード時に証明書適用が必要なタイミングにはppm選択後に適用を求めるポップアップが表示されますため、同じ証明書の適用をお願いいたします。

複数アップグレードパックを適用する場合、アップグレードごとにUpdate Managerを終了し、PMPサービスを一度起動・停止してから、アップグレードの手順を実行してください。

  • アップグレードパック適用後、Password Manager Proのサービスを開始します。

セカンダリーアプリケーションの再インストール
プライマリサーバを最新版にアップグレードした後、セカンダリサーバに同じバージョンのPassword Manager Proを再インストールする必要があります。プライマリサーバとセカンダリサーバの両方で、常に同じバージョンのPassword Manager Proを実行する必要があるためです。必要なインストールファイルはMEコミュニティーよりダウンロードしてください。

フェイルオーバーサービスの停止
セカンダリサーバーを再インストールした後、フェイルオーバーサービスのヘルプドキュメントに記載されている手順を実行し、セカンダリアプリケーションサーバーにフェイルオーバーサービスを再度設定することが可能です。