Desktop Central オンプレミス版 ナレッジベース

インベントリ管理の実施方法


この記事では、インベントリ管理の実施方法ついて説明しています。

インベントリ管理

Desktop Centralでは、管理対象のPCにおいてインベントリスキャンを実行することによって、管理対象のハードウェア情報やソフトウェア情報を収集します。
取得した情報をもとに、ライセンス管理や、インベントリ情報の変更履歴(アラート)、指定したソフトウェアの各ユーザーによる使用時間を計測できます。各情報はレポートとして出力可能です。

指定したアプリケーション/実行ファイルをブロックする設定や、指定したイベントが発生した場合に管理者へメールアラートを送信する設定も利用できます。

パッチ管理については パッチ管理機能 および パッチレポート を、USBデバイスの制限は 構成 > USB制御 および テンプレート機能, USBレポート をご使用ください。


ManageEngine ServiceDesk Plusとの連携で、IT資産管理をスムーズに実施可能です。
詳細につきましては、こちらの「IT資産管理を今日からはじめられる簡単ツール2選」をご覧ください。連携の方法はServiceDesk Plus(オンプレミス版)/ServiceDesk Plus Cloudとの連携をご覧ください。

 

インベントリ管理を行う前提条件

Desktop Centralを用いてインベントリ管理(IT資産管理)を始めるには、次の条件を満たす必要があります。

  • 対象PCにおいて、インベントリスキャン(資産スキャン)を1回以上実行している
  • (Windows コンピューターの場合)WMIサービスが起動されており、かつDCOM設定が有効化されている

詳細はインベントリスキャンのナレッジをご覧ください。

 


インベントリスキャンで取得可能な情報

以下の情報を把握します。

コンピューター単位で確認可能な項目(Windows コンピューター)
カテゴリー 項目
OS情報 OS名
OSバージョン
プロダクトID
プロダクトキー
ハードウェア メーカー
モデル
タイプ(ノートPC/デスクトップ など)
搭載メモリ
CPU
シリアル番号
BIOS
その他の詳細情報
グラフィックコントローラー(モデル,アダプター互換性,RAM など)
ハードディスク(モデル,メーカー,シリアル番号,パーティション など)
マザーボード(メーカー,シリアル番号 など)
NIC(メーカー,MACアドレス,IPアドレス など)
メモリ詳細(最大可能メモリ,スロット数 など)
設定されているプリンター(名称,ポート名,メーカー など)
ソフトウェア インストール済みソフトウェア一覧
商用ソフトウェア一覧
その他の詳細情報
デスクトップアプリケーション一覧(名称,バージョン,32/64bit対応,ベンダー,エージェントによる検出時刻 など)
Microsoftストアアプリ一覧(名称,バージョン,32/64bit対応,ベンダー,エージェントによる検出時刻 など)
使用時間計測中のアプリケーション一覧
システム情報 ユーザー一覧
グループ一覧
ドライバー一覧
共有されているフォルダー一覧
証明書
セキュリティ状況(BitLockerステータス,アンチウイルスステータス,ファイアウォールステータス など)
ユーザーのログイン履歴
ファイルのカテゴリごとのディスク使用容量

など

実際に情報を取得可能かどうかは、評価版において必ずご検証をお願いいたします。
OSによって取得可能な情報には差異があります。詳細はお問い合わせください。


PC概要(例)

ハードウェア情報(例)

ソフトウェア情報(例)

カテゴリー単位で確認可能な項目

管理対象PCをフィルタリングして表示できます。詳細はインベントリレポートをご確認ください。

インベントリスキャンでは取得できない情報を手動/CSVファイルのインポートで追加することが可能です。詳細は、以下のナレッジをご覧ください。
 インベントリ情報の追加/編集方法
インベントリ管理において、カラムを追加することが可能です。
 カスタムフィールドの利用方法