EventLog Analyzer ナレッジベース

Windowsに対するファイル監視の設定方法


EventLog Analyzerでは、「ファイル監視機能」を使用することにより、Windowsシステム上での追加、削除、修正などの変更を監視することが可能です。

ファイル監視の必要条件

  • Windowsマシンのファイル/フォルダーを監視するため、
    Windowsホストの追加の手順で予めEventLog Analyzerにホストを追加する必要があります。
  • 監視対象のファイル/フォルダーが配置されているマシンにエージェントをインストールする必要があります。

EventLog Analyzerサーバー自身にエージェントをインストール(ファイル監視を行う)ことはできません。

【ファイル監視ホストの設定方法】

ELA1

(1) 複数のマシンに対して同じファイルやフォルダーを監視する場合、テンプレートを作成し、そのテンプレートを割り当てることが可能です。

(2) 監視するホストを選択します。

(3) 監視するファイル/フォルダの絶対パスを入力します。またファイル名/フォルダ名を記述したテキストファイルをインポートして設定することも可能です。

(4) 監視から除外するファイル/フォルダを指定出来ます。

(5) ユーザー名の表示を有効化します。チェックを入れることで監視対象のサーバーのローカルグループポリシーにおける[オブジェクト アクセス監査]が有効化されます。
ドメインコントローラーの場合はDefalut Domain Controllers Policyが変更されます。

(6) 監視を行うファイルタイプのフィルター設定を行うことが可能です。

ファイル監視を行うにあたり、対象ファイルに対して以下のSACLが有効化されます。

プリンシパル:Everyone
適用先:このフォルダーのみ
アクセス許可

  • フォルダーのスキャン/ファイルの実行
  • ファイルの作成/データの書き込み
  • フォルダーの作成/データの追加
  • 属性の書き込み
  • 拡張属性の書き込み
  • サブフォルダーとファイルの削除
  • 削除
  • アクセス許可の読み取り
  • アクセス許可の変更
  • 所有権の取得

 

プリンシパル:Everyone
適用先:サブフォルダーとファイルのみ
アクセス許可

  • フォルダーのスキャン/ファイルの実行
  • ファイルの作成/データの書き込み
  • フォルダーの作成/データの追加
  • 属性の書き込み
  • 拡張属性の書き込み
  • サブフォルダーとファイルの削除
  • 削除
  • アクセス許可の変更
  • 所有権の取得

 

以上です。

Linuxに対するファイル監視については、以下のナレッジベースをご参照ください。
https://www.manageengine.jp/support/kb/EventLog_Analyzer/?p=3892