ServiceDesk Plus オンプレミス版 ナレッジベース

自動アップグレードの機能および本機能に伴うサポート対応


ServiceDesk Plusビルド14600(バージョン14.6)の主な機能強化として「自動アップグレード」機能がございます。

本ナレッジでは以下のトピックに基づいて、「自動アップグレード」の機能紹介と
自動アップグレード機能に伴う、弊社「技術サポート」対応についてお知らせいたします。

自動アップグレード機能の基本的な仕様につきましては、「ヘルプドキュメント」をご覧ください。

【トピック】

自動アップグレード機能の概要

[管理]→[一般設定]→[自動アップグレード]をクリックすると、次のような画面が表示されます。

「自動アップグレード」機能を用いると、次のような動作を実現できます。

  • 「自動アップグレード通知」機能:
    1. 「SDAdmin/SDOrgAdmin」の役割を持つユーザーを設定可能。
    2. サービスパックが利用可能になったとき、ホットスワップに成功したとき、
      アップグレードのために再起動が必要となったとき等に、設定したユーザーにメール通知をすることができる。
  • 「Emergency Migration」機能:
    1. 「Inportant Security Updates※1」または、「Hotfix※2」の条件を満たす、
      ServiceDesk Plusビルドのサービスパック(ppmファイル)を事前に自動でダウンロードする
    2. 自動ダウンロード後、再起動してアップグレードできる状態にする。
  • 「ホットスワップ」機能:
    1. 自動でファイルをダウンロード後、ServiceDesk Plusのインストールディレクトリへパッチ※3一時的に適用する。
    2. ServiceDesk Plusのサービスを停止することなく、一時的にパッチの適用ができる。
  • 「パッチ情報」タブ:
    1. 過去に手動で適用したサービスパックの情報や、
      自動でダウンロードしたサービスパックの情報を表示する。
    2. アップグレードの開始時刻/終了時刻/作業時間を計算する(ビルド14600以降のサービスパックのみ)。
  1. ※1 脆弱性などのセキュリティ重要度の高い修正のみを含むサービスパックを指し、グローバル本社によって決定されます。
  2. ※2 ServiceDesk Plusの重大な不具合/バグ修正のみを含むサービスパックを指し、グローバル本社によって決定されます。
  3. ※3 セキュリティの更新や、不具合修正に必要なファイルを指します。
自動アップグレード機能に伴う「技術サポート」の対応について

自動的にダウンロードされたサービスパックでServiceDesk Plusのアップグレードが可能になると、
画面右上の[アップグレードして再起動]をクリックできるようになります。

そして、このボタンをクリックしてServiceDesk Plusをアップグレードかつ再起動すると、
現在ご利用いただいているServiceDesk Plusのビルド番号が変更されるため、
場合によっては、日本で未リリースのビルドへアップグレードされてしまう場合がございます。

  • 自動アップグレード機能によってダウンロードされたサービスパックは、
    [アップグレードして再起動]をクリックすることによってのみ、適用することができます。
    そのため、通常のServiceDesk Plusサービスの再起動では、
    自動アップグレード機能でダウンロードされたサービスパックは適用されません。
  • 「ホットスワップ」機能でパッチファイルが一時的に適用されても、ビルド番号は変わりません。

なお、弊社では日本でリリースされているビルドのみ、技術サポートの提供が可能です。
そのため、本機能を利用される場合、あらかじめ以下の点にご留意くださいますようお願いいたします。


ご留意事項

  1. 「自動アップグレード」機能によってアップグレードできるビルドが
    日本でリリースされていない場合、「ベータ版」としてご利用いただくこととなります。
  2. 「自動アップグレード」機能によってアップグレードしたビルドが
    日本でリリースされていない場合も、技術サポートでは「仕様」に関する回答が可能となります。
  3. 「自動アップグレード」機能によってアップグレードしたビルドでの不具合については、原因の調査および問題の特定、トラブルシューティングの案内を実施いたします。
    しかし、個別にパッチ提供等が必要となった場合については、パッチの提供はせず、今後リリースするビルドで修正する形とさせていただきます。

恐れ入りますが、上記ご留意事項をお含みおきいただき、自動アップグレード機能をご利用いただけますと幸いです。